順応する力

立ち直る力(Resilience、レジリエンス)

「そんなことがあるハズがない」と変化を否定したがるのが人間。過去の成功体験や実績にしがみつき、懐古や傲慢でいると、変化に気が付き、驚いたときはもう遅い。

人間の成すことは、誰かに「真似される」か、「取って代わられる」か、自分が「疲弊する」か、自ら「弱体化する」。

変化の中で、元の形に戻り、回復し、立ち直る力がレジリエンス。

時間よりも勇気

自分の変化に必要なのは時間よりも勇気。企業ではよく「大きな船は、旋回するのに時間がかかる」と言いいますが、それは単なる言い訳。

パイオニア

パイオニアと呼ばれている人たちは、変える事を恐れていなかった人たちです。

Those pioneers may have something in common. They changed what needed change and had the courage to remain different.